物流を考る。

業務効率化と働き方改革で変わるトラックドライバーのワークスタイル。

物流需要が拡大する一方、少子高齢化や労働環境の厳しさなどでトラックドライバー不足が深刻さを増している。

しかし物流を支えるトラックドライバーの役割の重要性は今後も変わらない。

社会インフラとなった物流を維持、強化していくために、トラックドライバー不足の課題に対応し、業務効率化や働き方改革など、様々な取り組みが加速している。

そんな物流インフラを支えるための秘策とは …  Open /  C loses 技術を中心としたレイステクノロジーの技術が様々な取り組みに貢献できると思う。

物流を考る。