新しい価値と感動を創造する。

「機密情報盗み身代金要求」 か …  大変な時代だね 💦

今日の日経新聞一面に …

盗んだ情報をさらして相手を脅す「 暴露型ウイルス 」と呼ばれる新型サイバー攻撃の被害企業が、2020年1月 〜 10月に1000社を超えた。

企業から盗見とった機密情報を暗号化し、元に戻すための身代金を求める。要求に応じないと情報を暴露する。

情報流出は企業の社会的な信用も傷つけるだけに、企業は対策が急務となっている。

従来のデータセキュリティーの考え方だと、いくらセキャリティーを上げても、ハッカーが仕掛けてくるサイバー攻撃とはイタチごっこだ … 💦

新聞記事の最後に締めくくられている「 機密データを暗号化してパスワードを設定するなど、暴露されても直ちに悪用されないようにすべき 」のように、何らかの対策が急務だ … 。

その通りです‼️

私たちレイステクノロジーの暗号技術では、情報を入れた一人ひとりの生体情報で暗号を掛けるため、例えデータが流出しても、本人以外複合は不可能な状態を作り上げている。

よって、身代金の要求に応じる必要はない。そもそも盗んでも中みが見れないデータは彼らにとっても価値はない。それがわかればハッカーもわざわざ盗むこともしないでしょう。

今や日経新聞の一面を飾る「 機密情報の情報漏洩 」…  私たちレイステクノロジーは、このような問題に真正面から戦います。

” 世の中に新しい価値と感動を創造する ”  by  LEIS