完全電子化へ。

今日の日経新聞には、「 企業間でやり取りする請求書の完全なデジタル化に向け、データ仕様を統一する取り組みが始まる 」  と … 。

企業間でやり取りする書類には、契約書、発注書、納品書、検収書、領収書、請求書などがあります。

新型コロナウイルスの拡大を受け、企業で在宅勤務の取り組みが広がっている。そこで、コロナ対策を進める上でもデジタル化の推進が急務となっているところです。

そこで私たちレイステクノロジーは、今までにない全く新しい、「 Open / C loses 型ブロックチェーン( 電子契約 )」を生み出しました。

特長は、「 誰が、誰と、いつ、どこで、どんな内容を、を明確にする 」、「 締結後の契約書の改ざんを防止する 」。

また、「 データ紛失時の復元を可能にし、閲覧権限を定めることで情報流出の防止が可能。そして、電子証明で本人証明を行いタイムスタンプを活用することで、法的にも問題ない契約書とする 」

いよいよ、すべての企業内資料が電子化に向け動き出します。

「 Open / C loses 型ブロックチェーン( 電子契約 ) 」が、未来を創ります。