コラボで革新。

 

「 こんな手があったのか … 」

発想の原理原則は、「 外の情報とのコラボ 」からなのです。

オープンコラボレーションやアウトサイド・イノベーションを意識する、しないは別にして、「 生きるために・変わるために 」、の必然として、外の知恵を活かそう。という姿勢が高まっているのです。

( 元博報堂 制作グループならびにマーケティングデザインユニットの統括をされていた、高橋宣行氏著書の  “「 コラボ 」で革新 ”  にはこのようなことが書かれていました。)

今、私たちレイステクノロジーは、自社が持つ数々の特許を基にした、様々なビジネスモデルを世に送り出そうとしています。

そこで重要なことは、「 自分の手持ちにない外の知恵を求めて、どこの誰と組むか 」 まさにオープンコラボレーションが切り口になっています。

「 どこの誰と組むか … 」

まさに、「 成したいを共有できる人・企業と組む 」

これが基本でしょうね。

” コラボで革新 ”