「聞きにくる」仕組み。

 

「 電子決済 安全策練り直し 」と、大きな見出し。

今日の日経新聞から。

電子決済サービスで被害が続いている。NTTドコモの「 ドコモ口座 」を介して銀行の預金が流出したほか、金融機関が参加する「 Bank Pay 」でセキュリティー上の懸念が浮上した。

共通するのは本人確認の甘さだ。キャッシュレス決済を広げるには安全策の練り直しが必要だ。2段階認証や生体認証など高度な仕組みの導入が欠かせない … 。

これらの問題は氷山の一角だ!  しかも、日本に限った問題ではない …  安全策の練り直しが急務!

安全策を考慮した、本当の意味でのキャッシュレス化を考えるなら …

今こそ、「 決済時に事前登録した端末に  ” 承認 / 非承認  ”  の通知があり、それを意思確認する仕組み 」まさに、「 聞きにくる 」仕組み。

トランザクションは今までと変わりはなく、しかも安心安全! 絶対不正に巻き込まれることはありません。

これが、レイステクノロジーが特許取得している、レイス決済システムです。

「 電子決済 安全策練り直し 」 …

それは、「 聞きにくる 」仕組みで決まりだね‼️